ひよこ図書館

とある学校司書のブログです。本の紹介、学校司書業務に役立つWordやExcelの豆知識など。

学校司書:休校中の業務(4月在宅編)

今回は、休校中の業務(4月在宅編)です。

 

 

f:id:hiyoko_library:20200118161648j:plain

 

はじめに

マシュマロでご質問をいただきました。

Twitterでも呟いた通り、

私はほとんど出勤しています。

数回、在宅勤務をしました。

まだ数回しか在宅勤務をしていないので、

試行錯誤中ですが、ブログに書いてみようと思います。


皆さんに協力していただいたアンケートでは

このような結果になりました。

 

 

 <画像埋め込みが見れない方向け テキスト版>

・通常の勤務(または出勤している日が多い)50%
・在宅勤務している日が多い(時々出勤もしている)24.2%
・オール在宅勤務14.1%
・休業扱いになっている11.7%


在宅勤務をしている日が多い方と

オール在宅勤務の方が合わせて38.3%ということで

約4割の方が在宅勤務なのですね。

 

在宅勤務の注意点


・個人情報は持ち帰らない

・学校からのデータの持ち帰り、

 自宅からの持ち込み方法に気をつける

 

自治体でもアナウンスがあると思いますが、

在宅勤務では個人情報の入った物は絶対に持ち帰れません。

 

(そんな事をする人はいないと思いますが)

図書館の場合ですと、

児童の名簿データや児童の貸出カードは持ち帰れません。

新1年生のカード作成は必ず学校で行ってください。

また、学校からのデータの持ち帰りや

在宅勤務で作ったデータの持ち込みにも注意が必要です。

個人のUSBを使うことは禁止されていると思います。

 

学校で許可の下りたUSBを使用する、

指定のクラウドにデータをアップロードするなど

様々な方法があると思います。

自治体の指定の方法で行ってください。

 

※学校からのデータの持ち帰り、

 自宅からの持ち込みが不可能な自治体もあります。

 その場合はデータの持ち帰り、持ち込みはしないでください。

 
在宅勤務までの準備

・本のカタログを持ち帰る

・選書リスト(エクセルファイル)のデータを持ち帰る

・書架を見ながら作るために

 棚見出しをつけたい書架の写真を撮影しておく

・型紙をコピーしておく

・画用紙を持ち帰る

・教科書を持ち帰る

・ブックトークのネタになる本を持ち帰る

・POP用のネタになる本とペンを持ち帰る

 

私の場合は出勤している日が多いので、

出勤している日に

「明日は家で○○をするからこれを持ち帰ろう」

と決めて持ち帰りました。

 

オール在宅勤務で出勤禁止の方の場合ですと、

教科書を持ち帰る事もできないと思います。

その場合は、教科書の出版社HPをご覧ください。

 

※お勤めの自治体の教科書がどこの物が分からない場合は

 自治体名 教科書採択  と検索すると

 どの教科がどの会社なのか見つけられます。


国語、理科、社会、道徳の年間指導計画や単元一覧を見てください。

 調べ学習などの本の提供にきっと役立つと思います。

 
業務内容

・選書

・注文書作成

掲示物作成

・棚見出しの修正

・季節の飾り作成

・教科書を読む

(国語、社会、理科、道徳、英語、生活)

・POP作り(授業のサンプル用、展示用)

・図書館利用年間計画のアンケートから

 利用がある単元のブックトーク作り 

 

※アンケートについては

下記の休校中の業務(4月学校編)をご覧ください。

hiyoko-library.hatenablog.jp

 

 

方法

選書や掲示物作りは自宅のパソコンで行いました。

選書はカタログで気になった本を

エクセルファイルに入力ながら、ネットでも調べました。

 

季節の飾り作成は、

コピーした型紙に合わせて切り抜きました。

ブックトークやPOP作りは本があればできます。


私の場合は

<在宅の日>

選書、掲示物のデータ作成

季節の飾り作成(画用紙切り抜き)

<出勤の日>

選書リストの蔵書確認して発注

(かぶってないか、既刊の抜けがないかを資料検索)

掲示物、季節の飾り、棚見出しなどをラミネート

できた掲示物などを館内に掲示

 

という形で在宅で作ったものを出勤して完成させています。

在宅勤務の難しさを痛感している所です。

 

感想

一言で言うなら

「70%完了の仕事がたまってしまうので

気持ちがすっきりしません」


というのも、季節の飾りや掲示物ができたら

印刷して、ラミネートして完成させたいのですが、

自宅ではA4しか印刷できず、ラミネーターもありません。

ラミネーターは持ち帰る事もできないので

「70%完成」の仕事がたまってしまうと思いました。

 


教科書を読む、POP作りなど物があれば

できる仕事は問題なくこなせました。

季節の飾り作りは途中で型紙が足りなくなってしまい、

自宅のコピー兼プリンターを使用しました。

コピー機があってよかったです。


我が家の場合、

パソコンデスク、Wi-Fi、プリンター兼コピー機があります。

比較的仕事がしやすい環境でしたが、

それでも自宅の環境に左右されますね。


周囲の話やTwitterをみていると

「家族が毎日自宅勤務で自分も在宅勤務になったら

 パソコンが1台しかなくて困った」

「ネット環境がスマホしかない」

「リビングにしか机がない」

「パソコンを開くとネコがのってきて仕事にならない」

など色々な問題があるようです。

今後在宅勤務の予定がある方は、

ある程度の環境整備が必要かもしれません。

 

・これからのために…貸出用Wi-Fi

Twitterでも話しましたが、

貸出用のWi-Fiがあれば嬉しいなと感じました。

企業では、社員に貸出用Wi-Fiを渡している所もあるそうです。

現実的には厳しそうですが、

要望は出してみようと考えています。


職員朝礼や職員会議がある日は、

どうしても職員室が「3密」状態になるので

自宅から仕事のテレビ会議ができたらいいですよね。

朝礼や会議のために出勤…という事態を減らせたら、

人との接触も減らせると思います。

 

 

コツ?

コツという程のことではないかもしれません(笑)

在宅勤務をしてみて気がついたこと、

気をつけている事を書きます。

 

・仕事部屋を決める

リビングでは仕事をする気になれなかったので、

パソコンデスクのある部屋を仕事部屋にしました。

・仕事部屋の片付けをする

仕事をする部屋の片付けをしました。

全部を片付けるのは難しかったので、

パソコンに向かった時に見える部分だけはしまって、

集中できるようにしました。

もし、今後在宅で仕事のテレビ会議があったら

もう少しちゃんと片付けようと思います。

それか、バーチャル背景にします(笑)


・仕事服に着替える

自宅では部屋着(コンビニに行ける程度の服)を

着て過ごしているのですが、

あえて仕事服に着替えました。

洗濯機が増えるのは嫌だったので、

どうしてもやる気が起きない時だけ着ていました(笑)


・アラームをかける

40分置きにアラームをかけています。

昼休憩や終業時間もアラームをかけています。


・飲み物を飲む

アラームが鳴ったら、立って、飲み物を取りに行きます。

いつもなら、休み時間も授業時間も貸出しているので

誰もいなくなった瞬間に飲むのですが、

家にいると水分補給を忘れます(笑)

むくみ防止、頭痛防止のために

飲み物を飲むようにしています。


・換気をする

アラームで立ったついでに換気をします。

冷たい空気を吸ってシャキッとするように心がけました。


・ストレッチをする

仕事が終わったら、ストレッチをします。

 Twitterで見かけた崎田ミナさんや

なぁさんのストレッチを真似しています。

 


おわりに


全国的に休校が延長になりそうですね。

私の勤務先でも延長が決まりました。

 

図書館の整備は、やればやるほど止まらない状態で、

「今のうちにこれもしておこう!」と黙々と進めています。

しかし、学校の予定や感染予防の対策が決まらないため、

開館の計画が立てられず、

おたよりやオリエンテーションのプレゼンは作りかけです。

 対策を考えてはいるものの、

”決まらない””完成しない”事が

こんなにもストレスなのかと気付かされる日々です。

 

もちろん、感染予防は、専門外ですから、

外部の専門家にまかせて、決めてもらいます。

対策はどうなるか分かりませんが、

できる範囲で対応していこうと思っています。

もちろん、健康第一で!

 

幸いな事に時間はあります。

焦らず、ゆっくり考えていこうと思います。

 

では、今回もお付き合いいただき、

ありがとうございました。